白 村 江  Hakusonko

in KOREA

Part 1.   百済/Baekje   July 2016

OMAYUMI Performed at the place related Ancient Baekje

photo:  Hong O-Bong,  OMAYUMI

KOREA 2
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
歴史ツアー日韓 2016 パフォーマンスアートプロジェクト おまゆみ ホン・オボン 紫明会館 Performance art project History Tour Korea Japan artist OMAYUMI Hong O-Bong Shimei-Kaikan インスタレーションアート installation art
セマングム
 防波堤
扶余郡
白村江
郡山

上 韓国の地図より。白丸辺りが白村江か 

下 ウィキペディアより引用。この航空写真はおそらく防波堤ができた当初であろう。現在はさらに埋め立てが進んでいた

白村江の戦い  663年、百済国からの援軍要請を受け、倭国は千隻余りともいわれる船で白村江に向かったが、新羅と唐の連合軍に大敗した。

2016年夏、パフォーマンスフェスティバル参加と併せて2回、韓国で日韓の歴史に因む場所を旅した。

第一回目 7月

日本よりさらに強い日射しの下、まずは白村江(はくそんこう/はくすきのえ)に向かった。錦江(クムガン)河口の海がおそらくその場所である。百済の都があった扶余から郡山を抜け、港の工業地帯をひたすら車で走る。酷暑のためか、人も車も殆ど見かけない。

延々と走った後、目の前に海がひらけた。まばゆい。

この場所で、663年(奇しくも同じ夏に) 「白村江の戦い」がおこなわれたという。穏やかな海面が続く。

さらに車で進むと、小島が群れる古郡山諸島が現れた。

遠くにけぶる島々は、圧倒的にうつくしい。

幻のようにあわい輪郭が燦めいていた。

此処へ来てわかったのは、島影に隠れて待ち伏せするには絶好の場所であること。 倭からの援軍は壊滅状態であったという。倭にとって百済は外戚(平たく言えば親戚)の間柄だったから、助けずにはいられなかったのだ。新羅と唐に敗れた後は、百済からの難民を多く受け入れた。当時の親交は篤かった。

この場所は現在、セマングム防波堤(上が道路)によって島と島の間が堰き止められ、干拓が進められている。開発事業にはあまり共感できそうにない。

小さな入り江で海に入った。

島の名前は巫女島(ムニャド)。シャーマンが山に住む、と聞いたけれど本当だろうか。